ベートーヴェンの作品、「交響曲第6番 田園」と「ヴァイオリン協奏曲」の特徴と魅力を解説

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンはドイツの作曲家です。

彼の作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆とされ、後世の音楽家たちに多大な影響を与えました。

ベートーヴェンの初期の作品は、モーツァルトやハイドンの影響を受けた、非常に明るい作風でした。

全盛期では難聴の進行によって、彼が自分の命を絶つことまで考えた1802年以降、作風は変化していきます。

この時期で彼は、自分だけの個性を築き上げていきました。

晩年の彼の作品には、堂々とした風格が築かれます。晩年の代表作には「ミサ・ソレムニス」や「交響曲第九番」などがあります。

この時期のベートーヴェンは、さらに自分だけの作風を確立し、高みを目指していきました。

目次

交響曲第6番「田園」

この曲は1808年に完成されました。

この時期のベートーヴェンは非常にアクティブに創作活動をしています。

この曲は、牧歌的で明るい曲調を持っています。

通常、各楽章の切れ目は一度音楽が終始しますが、この曲は第三楽章以降ノンストップで演奏されます。

第一楽章の第1主題は牧歌的なフレーズ、第2主題は弦楽器から木管楽器へバトンタッチされます。

第二楽章では、弦楽器群が小川の流れる様子を表しています。

第三楽章は容器でユーモラスな印象を与え、第四楽章では一転、激しい雨や雷の場面を表現し、最後の第五楽章では再び穏やかな情景が表現されます。

ヴァイオリン協奏曲

この曲は1806年に作曲された、ベートーヴェン中期を代表する傑作の一つです。

メンデルスゾーンの作曲64、ブラームスの作曲77の作品とともに、「三大ヴァイオリン協奏曲」とも称されます。

曲調は穏やかさが溢れており、幸福感に包まれるような作風です。

第一楽章は、穏やかな第1主題をオーボエが奏でます。

長い序奏に続いてカデンツァ(自由に即興的な演奏)風に、独奏ヴァイオリンが気高くそして美しく演奏されます。

第二楽章は安らかな雰囲気に満ちた演奏で、第三楽章は快活で生きいきとした演奏です。

執筆者:山本和華子

『クラシック音楽と西洋アート』という本を出版しました!

今ならキンドルアンリミテッドで無料で読むことが出来ます。

自分を変えたい、変わりたい、でも何から始めたらいいかわからない・・・本当は、好きなことを仕事にできたら嬉しいなと思う。そんな方はぜひ下のリンクをクリックしてね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる