なんでロシアは日本の土地を狙い続けるのだろうか?

はいみなさんこんにちは。

「なんでロシアは日本の土地を狙い続けるのだろう」

私にはずっとこの疑問がありました。

なので今回は、ロシアとはそもそもどういう国なのかについて調べました。

ロシアの歴史と外交について書いていきますよ。

ミハイル・ゴルバチョフ(1985-1991)・・・共産党一党独裁の放棄と民主主義社会の構築を唱えた。東西冷戦を終結させるとともに、「ペレストロイカ」と呼ばれるロシア経済の立て直しに取り組んだ。ただし、ゴルバチョフは社会主義体制自体は維持させようとしたため、改革は中途半端となった。

ボリス・エリツィン(1991-1999)・・・ゴルバチョフの改革に反対する保守派が起こしたクーデターを制圧したエリツィンが実権を握り、ソ連は解体した。しかし、混乱が続き、治安も悪化した。

ウラジーミル・プーチン(2000-2008)・・・そこで登場したのがプーチン。プーチンは混乱を収め、絶大な指示を手にした。

ドミトリー・メドベージェフ(2008-2012)

ウラジーミル・プーチン(2012-)

【ロシア史】

9世紀末、ロシアの原型となるキエフ公国が建国される。その頃から、ビザンツ文化が流入する。

13世紀、ロシアはモンゴル人の支配化にはいるが、1480年にモスクワ大公国が独立する。

以後、ロシアはスラブ人世界の強国へと変貌していく。

17世紀末に即位したピョートル1世の時代に、ロシアはヨーロッパの強国となった。

しかし、ロシアが海外進出するためには、冬季でも凍結しない港の存在が不可決だった。

そのため、ロシアは不凍港(ふとうこう)を求めて南下政策をとることになった。

ロシアの南下をめぐる一連の国際対立を、東方問題と呼ぶ。

1853年、ロシアはエルサレムの管理権を要求して、オスマン帝国と開戦する(クリミア戦争)

しかし、イギリスやフランスなどがオスマン帝国に味方し、ロシアは敗退した。

【ロシア人の世界観・価値観】

ロシア人は、個人のモラル・生活から、国家の政治外交まで律してくれる、唯一絶対イデオロギーを求めたがる。

ロシアのツァーリ(皇帝、大統領)は、ロシアが引き継いだビザンチン的伝統を引き継いでいる。ツァーリは民衆と時に結託し、エリート集団の専横から民衆を守ってくれることもある。

現代のツァーリであるプーチンも、民衆に同情し、理解をしているようなポーズをしばしば見せる。それで一定の心理的安定が保たれる。これがロシア政治のアーキタイプ。

また一方でツァーリは、エリート集団とも、もたれ合いの関係でもある。

執筆者:山本和華子

【参考図書】

『ビジネスパーソンのための世界情勢を読み解く10の視点』

『エリア別だから流れがつながる世界史』

『日本と世界の今がわかる さかのぼり現代史』

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。
ココナラにて、日本文化・京都観光・古典文学に関するオンラインレッスンを行っています。
オンラインレッスンについて興味のある方は、メッセージをいただけると幸いです。

目次
閉じる