中国の音楽の歴史 

はいみなさんこんにちは。

今日は、中国の音楽の歴史について解説していこうと思います。

中国では、古代から唐の時代にかけては歌舞が中心だったのに対し、

宋の時代以降は劇音楽と語り物音楽に重点が移っていきました。

太古・夏・商時代

古代、楽器とともに登場したのが原始楽舞でした。当時の仕事(主に農業)の動作は、

かけ声や道具から出る音と結びつき、しばしば楽舞のひな形となりました。

社会の生産形態が進んでいきますと、豊年祈願の楽舞「葛天(かつてん)氏之楽」や、

干ばつを追い払う雨ごいの楽舞「牛襄氏之楽」などが現れました。


また、商の時代には青銅製の楽器が大量に鋳造され、

簡単な旋律も演奏できる(しょう)などが現れました。

西周、春秋戦国時代

周の時代から古代奴隷制度が本格的に発展し、朝廷は音楽を重視した民謡採集の官職も定めました。

周の時代の音楽には、礼楽制度が確立されました。

周の朝廷は、礼と楽の社会への影響を重んじました。

「礼」は人間の貴賤の別を明らかにし、「楽」は互いを和睦させます。

その礼と楽の作用を併せれば社会の安定を保てる、としたのです。

これが当時の統治者の礼楽観でした。

秦・漢・魏晋南北朝時代

漢の時代の歌舞伎楽は百戯(ひゃくぎ)と呼ばれ、中国演劇の基礎となりました。

南北朝の時代、シルクロードは中国と外部世界を結ぶ重要なルートとなりました。

古代インドやペルシャの音楽も、中国に入りました。

こうした外来音楽は、中国固有の音楽と結合し、隋の時代に基礎が出来上がりました。

魏晋時代には、老荘思想の信奉者たちが、音楽思想についても意見を唱え始めました。

「竹林の七賢」の一人、けい康(けいこう)の記した『声無哀楽論』によれば、

音楽の音響に触れると、人間に内在する哀楽の感情が喚起される、とあります。

このような老荘思想による音楽の考え方は、

中国の音楽思想史において二大潮流(もう一つは音楽と政治を結びつけた儒家の思想)の一派となりました。

隋・唐・五代時代

隋・唐の時代の音楽は、宮廷音楽民間音楽に二分できます。

隋・唐時代の宮廷音楽は、燕楽(えんがく)とも称します。

「秦王破陣楽(しんのうはじんがく)」や「梁州大曲」などの作品があります。

執筆者:山本和華子


もっと詳しく知りたい方は、コチラの本がオススメです。

私の本、「世の中のみかたを変える 週末アート」が出版されました。

オリジナルバッグを販売しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普段はOLやってます。仕事が楽しすぎて鳥になりそう。
週末は物書きしてます。新刊『ほっこりしたい人のための 週末、日本文化』アマゾンで購入可能です。
「暮らしに教養の深みと愉しみを」をモットーに、記事を執筆しています。

目次
閉じる