山本和華子(Yamamoto Wakako)の自己紹介・このWebサイトの目的

歴史・アート・文化を学びながら世界を舞台に活躍しよう。

【山本和華子のプロフィール】

小学生のとき、詩人である山田かまちの存在を知り、「あぁ私は今生きているのか」と自覚する。

中学生のとき、「みんな一緒に」とか「みんな仲良く」とかそういう日本的教育が嫌いで、そういう空気から抜け出したくて、2週間、オーストラリアへホームステイをする。そのときに、真っ青な空と海の間にある、真っ白なオペラハウスを見て、感銘を受ける。オーストラリアにはこんなに美しいものがあるのか。私は自分の国の美しい物をまだ知らない。知りたい。と考えるようになる。

高校生の時期は終始鬱屈した時間を過ごしていたが、元舞妓さんである岩崎峰子さんが執筆なさった本に出会い、脳内に電撃が走った。その日以降、岩崎峰子さんに憧れる。

大学では認知心理学を専攻。学生時代、心理学徒として法律を学ぶための自主ゼミを立ち上げたり、永田町でインターンシップをしたり、学会で卒論をポスター発表したりした。

大学を卒業してからは、念願の京都に移住。着物、茶道、観光、伝統芸能、アートに没頭する。

当時書いていたブログがこちらになります。

友達に編集や出版の仕方を教わり、自分の着物ポートレート写真集を自費出版する。

その後、沖縄の石垣島に移住。ダイビングやフライボードなどのマリンスポーツを楽しむ。

その後再び京都に戻り、ユーチューブの動画制作を始める。

キンドルで本を出版する。

日本文化・京都観光・古典文学のオンラインレッスンをしています。

フォトグラファーとしても活動しています。

海外向けに、書道作品をはじめとした日本文化コンテンツを販売しています。

着物の出張着付けサービスも行っております。

2022年8月30日、音楽キュレーターになる決意をする。



【このWebサイトの目的】

このWebサイトの記事を読んだ読者のあなたが、

・世界旅行に行ったとき、現地の人と、英語でその土地の歴史・アート・文化について話せるようになる

・世界旅行に行ったとき、現地の人に「あなたの国のことを教えて」と言われたとき、英語で日本文化を話せるようになる

・英語を学ぶことで、世界が広がっていく

を実現していただきたいなと思っています(^^)

座右の銘は、「自利利他」。

それではみなさん、今後ともよろしくお願いします。

                                 山本和華子

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普段はWebデザインOLやってます。仕事が楽しすぎて鳥になりそう。
週末は物書きしてます。新刊『ほっこりしたい人のための 週末、日本文化』アマゾンで購入可能です。
クリエティブ職のため、日々教養を深めており、休日はこのサイトにて記事を投稿しております。

目次
閉じる