山本和華子(Wakako Yamamoto)

スポンサーリンク
ブログ

アクセス数1万人突破記念、愛、天才、刀の鑑定士について

このブログのアクセス数、1万人突破しました。 みなさん、ご愛好ありがとうございます。 今後もブログを更新し続けますので、よろしくお願いいたします。 さて。 今日は「汎愛論」について書いていきたいと思います。...
ブログ

着物レンタルも出来る観光ガイドサロン「三好屋京都」

みなさんこんにちは。 着物レンタルも出来る観光ガイドサロン「三好屋京都」を、2022年4月にオープンする運びとなりました。 みなさんとのご縁あっての決断です。 みなさん本当にありがとうございます。 さて。 着...
読書ノート

シルクロード美術鑑賞

ペルシア芸術の装飾への情熱は、B.C.4000年の彩文土器の器においてもすでに明らか。 古代ペルシアには、雨をもたらす天空への篤い信仰心があった。 スーサ出土の彩文土器・・・太陽を表す丸型と、天空を表す四角い波型が描かれている...
読書ノート

キュレーション、宗教入門

<キュレーション> キュレーターは、巧みなテーマ設定や作品の選択・ディスプレイなどによって鑑賞者を誘惑し、心をゆさぶる忘れがたい体験を演出すると共に、展覧会などの実践を通じ、社会に対して批評や思想の提案を行う。 キュレーターの...
読書ノート

30代はこう生きろ

まず現在地を把握することから始めよう ・何が好きで、何が嫌いか ・何が得意で、何が不得意か ・今後やりたいこと、やりたくないこと ・人生のゴールは何か ・大切にしたいことは何か、手放したいものは何か ・...
読書ノート

センス・オブ・メイキング

人工知能や機械学習、コンピューティング、アルゴリズムの社会の中で、文化的探究を続けていくことの価値 シリコンバレー的考え方 未来へと一気にジャンプしようとする破壊的な想像を掲げている。 あらゆるものを数値に置き換える、数...
読書ノート

日本文化を世界へ

熊倉功夫・・・茶の湯、寛永文化、日本料理文化のエキスパート アンドレ・マルロー・・・フランスの思想家 →「真の日本は浮世絵ではなく藤原隆信の肖像画と琵琶の曲にある」 藤原隆信・・・平安~鎌倉にかけての歌人・画家。 ...
読書ノート

茶の湯入門

12世紀、高麗では、宋風の茶が宮廷を中心として人々に楽しまれていた。当時、朝鮮と日本は非常によく似た茶の受け入れ方をしていた。 1392年、李氏朝鮮が成立した。李朝は厳しい儒教思想を施政の方針としていた。 茶は仏寺とともに儒教...
読書ノート

世界の民族音楽

オーストラリアのアボリジニ 彼らの祖先にあたる神々は、歌によって天地を創造した。 したがって、自然物が生存し続けるように、歌をうたう。 アフリカは、打楽器が中心的な役割を担っている。 グリオ・・・職業音楽家 アフリ...
読書ノート

哲学史入門

<ヘレニズム>・・・ギリシャ文化とギリシャ語が主導権を握る 国際共同社会→マケドニア、シリア、エジプト <インド> 多神教 「見ること」が極めて大きな意味を持っていた。 回帰する歴史観・・・円を描く、あるいは...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました