モーツァルトの作品、「交響曲第25番 ト短調」と「交響曲第41番<ジュピター>」の魅力と特徴の解説

モーツァルトは1756年に、オーストリアのザルツブルクに生まれました。

モーツァルトは、ハイドンや ベートーヴェン と並んでウィーン古典派の人物とされています。

当時のザルツブルクは豊かな音楽都市でした。音楽の中でも特に宮廷音楽が発展しており、優秀な音楽家たちが活躍していました。

モーツァルトの父、レオポルトはザルツブルク宮廷楽団の副楽長として活躍しており、卓越した演奏家でした。

また、息子モーツァルトの音楽教育にも熱心でした。

モーツァルトはレオポルトのもとで音楽を学びますが、彼の天才的な才能に周囲は驚愕していきます。

そして父レオポルトは、息子モーツァルトを世界最高の音楽家にしようと決意するのです。

レオポルトはモーツァルトを、各国の主要都市を巡る旅行に連れていきました。

旅行の道中、ヨーロッパの音楽に触れ、そして神童の存在をアピールしていきました。

モーツァルトはその旅行により、豊かな音楽体験を得ることとなりました。

モーツァルトの作品は全体を通して長調が多く、装飾音の多い優美で軽快な音楽が多いのが特徴です。

雅で宮廷風の華麗で気品あふれる、パッと華やかな音楽は、当時の音楽の流行でもあり、それはロココ様式もしくはギャラント様式と呼ばれています。

交響曲第25番 ト短調

モーツァルトは一生涯において短調の交響曲を2曲しか書いておらず、そのひとつがこの第25番です(もうひとつは40番)。

第25番は映画『アマデウス』の冒頭シーンで使われたことで有名です。

第25番はモーツァルトが17歳の時の作品です。

17歳という少年とは思えないほど、情熱と悲劇的な緊張感を示す作品です。

第1楽章は荒々しいシンコペーションのリズムと、急速に上昇していく旋律で構成された主題が非常に印象的です。

第2楽章は、ヴァイオリンとファゴットの対話のような、哀愁を帯びた穏やかなメロディーが美しいです。

交響曲第41番 ハ長調<ジュピター>

交響曲第41番は、モーツァルトが作曲した最後の交響曲です。

この交響曲の構成の特徴は、第4楽章にウェイトが置かれていることです。

第4楽章の冒頭で「ド・レ・ファ・ミ」の印象的なメロディが提示されますが、この「ド・レ・ファ・ミ」はジュピター音型と呼ばれています。

このジュピター音型が形を変えて、様々な楽器によって演奏されています。

第1楽章の冒頭では力強く響く和音に続き、旋律が奏でられます。

モーツァルトらしい優美で繊細なメロディと、力強さのコントラストが見事です。

第3楽章では滑らかに下降していく音階が印象的です。

執筆者:山本和華子

モーツァルトについてもっと詳しく知りたい方は、コチラの本がオススメです。

私の本、『世の中のみかたを変える 週末、アート』が出版されました。

オリジナルバッグを販売しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普段はOLやってます。仕事が楽しすぎて鳥になりそう。
週末は物書きしてます。新刊『ほっこりしたい人のための 週末、日本文化』アマゾンで購入可能です。
「暮らしに教養の深みと愉しみを」をモットーに、記事を執筆しています。

目次
閉じる