フェルメールの作品の魅力と特徴を、英語で説明しよう

Vermeer was one of the most famous Dutch painters of the Baroque period.

フェルメールは、バロック時代を代表する、オランダの画家です。

Vermeer lived in the 17th century in the Netherlands, a time when trade, science, military affairs, and the arts were among the most admired in the world.

フェルメールの生きた17世紀のオランダは、貿易、科学、軍事、芸術が、世界中で最も賞賛された時期でした。

Netherland:オランダ

trade:貿易

admire:賞賛する

This period is called the “Dutch Golden Age”.

その時代を、「オランダ黄金時代」と呼びます。

Vermeer was born in Delft, the Netherlands.

オランダのデルフトというところでフェルメールは生まれました。

Around the age of 21, he joined St. Luke’s, a guild of painters and craftsmen, and began his career as a professional painter.

21歳ごろに、画家や工芸家のギルドである「聖ルカ」に加入し、プロの画家としてのキャリアがスタートしました。

Joining St. Luke’s allowed him to take on apprentices as a master and to earn a living by selling his work.

聖ルカに入会すると、親方として弟子をとったり、作品を売って生計を立てたりすることができるようになります。

apprentice:弟子

He also married a woman named Katharina. Katharina’s mother was very wealthy and gave Vermeer generous support.

また、カタリーナという女性と結婚しました。カタリーナの母親はとても裕福で、フェルメールに惜しみない援助をしました。

This enabled Vermeer to purchase lapis lazuli, which was very expensive, and to use it in his paintings.

よってフェルメールは、非常に高価だったラピスラズリを購入することができ、それを絵画に用いることができました。

enable:可能にさせる

purchase:購入する

One of Vermeer’s most famous works is “Girl with a Pearl Earring”.

フェルメールの代表作品に、「真珠の耳飾りの少女」があります。

The painting depicts a young girl with an enigmatic expression standing against a pitch-black background.

描かれているのは、真っ暗な背景の中に佇む謎めいた表情をした少女です。

depict:描写する

enigmatic:不思議な、謎めいた

The girl’s red lips in the work are very eye-catching as her charm point.

作品の中の少女の赤い唇は、彼女のチャームポイントとして非常に目を引きます。

eye-catching:目を引く

The young and fresh texture is beautifully expressed.

若くみずみずしい質感を見事に表現しています。

texture:質感

express:表現する

The pearl earrings are beautifully rendered with the effect of pearls floating in the light.

真珠の耳飾りは、光に照らされて浮かび上がる真珠の演出が見事に描かれています。

render:与える、表現する

effect :結果、効果

The blue turban is lavishly pigmented with ultramarine.

青いターバンには、ウルトラマリンの顔料が惜しみなく使用されています。

lavishly:ふんだんに

pigment:顔料

執筆者:山本和華子

Author : Yamaoto Wakako


私の著書、『大人の週末、自由研究』が出版されました。


フォトグラファーとしても活躍しています。無料ダウンロードできますよ♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

資産運用・日本文化・建築デザインを中心に記事を書いています。
ココナラにて、日本文化・京都観光・古典文学に関するオンラインレッスンを行っています。
オンラインレッスンについて興味のある方は、メッセージをいただけると幸いです。

目次
閉じる