『幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない』 ラス・ハリス著 要約

原始人の心を占める最優先事項は、危険を避けることでした。

原始人の心は、「殺されない」ために発達してきました。

「幸せのため」には発達してきませんでした。

幸福とは、豊かな、満ち足りた、意味のある人生をいいます。

生きるに値する人生を創造するのは、大切な仕事です。

実は、不快な思考や感情を追い払うという努力が、人生を余計に悪くしているのです。

私たちは幸福になるために嫌な感情を排除しようとしますが、嫌な感情を排除すればするほど、感情は再生産されてしまいます。

<嫌な感情を排除しようとする努力が、無駄である3つの理由>

1,多くの時間とエネルギーを使う割に、長期的に効果がうすい。

2,追いやった思考・感情はすぐに戻ってきてしまう。

3,短期的に不快感を封じ込める戦略の多くは、長期的には生活の質を損なう。

ここで、アクセプタンス・コミットメント・セラピー(ACT)を考えてみましょう。

<ACTを行う5つの方法>

1,思考との新たな関係を築くことにより、それが及ぼす衝撃や影響を弱めることができる。

2,不快な感情や感覚を抑圧したり、追い出したりしようとせず、れらのために居場所を作ってやる。

3,現在、この瞬間、この場所で起こっていることに完全につながる。

4,観察する自己

5,豊かで意味ある人生は行動によって作られる

人は、「自分は無能だ」という言葉を使うことで、本当に無能であるかのような反応を示してしまうのです。

実際に、あなたの心がお気に入りの物語を挙げ、それに名前をつけてみましょう。

「負け犬」の物語、「友達が羨ましい」という物語

その思考が、あなたの助けになっているでしょうか?

困った思考が頭に浮かんできたら、以下の質問をしてみましょう。

・この思考に耳を傾けることによって何かプラスがあるだろうか?

・この思考は人生を向上させるための効果的な行動を起こさせてくれるだろうか?

・この思考を信じることによって何を得られるだろうか?

苦痛な感情に対して戦えば戦うほど、多くの問題が引き起こされます。

・j自分の感情について主観的に考えるのではなく、客観的に観察することが大事です。

<観察の3ステップ>

1,自分の気持ちを観察する

2,気持ちの居場所を心に作る

3,その負の気持ちの存在を許してあげる・・・感覚を排除したり変えようとしないことが大事。

ACTでは「容認」が何より優先します。

A(アクセプタンス)・・・思考と感情を受容する

C(コミットメント)・・・自分の価値とつながる

T(セラピー)・・・効果的な行動をする

自尊心とは、自分がどんな人間かについての自分の意見のことです。

自尊心は、自分が良い人間かどうかについての思考の集積です。

自尊心とは、事実ではありません。一つの意見に過ぎないのです。

自分への価値判断を辞めるとどうなるでしょうか。

より良い人生が待っているでしょう。

豊かな人生を送るために、自尊心はとくに必要ありません。

あなたがすべきことは、自分の価値とつながり、それに従って行動することです。

自尊心は、役に立ちません。

自尊心を保ち続ける努力は、あなたを疲弊させてしまうのです。

自分が優れた人間であることを証明し続ける必要は無いのです。

自己受容とは、自分であることを良しとすること、自分に優しくすることです。

自分は人間なのだから不完全なのも当然だという事実を受け入れましょう。

私の著書、『大人の週末、自由研究』が出版されました。

フォトグラファーとしても活動しています。無料ダウンロードできますよ♪

書道作品も販売しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普段はWebデザインOLやってます。仕事が楽しすぎて鳥になりそう。
週末は物書きしてます。新刊『ほっこりしたい人のための 週末、日本文化』アマゾンで購入可能です。
クリエティブ職のため、日々教養を深めており、休日はこのサイトにて記事を投稿しております。

目次
閉じる